顔を小さくみせるには

注射

気になるエラをなくしたい

ちょうど頬の下あたりに位置するエラは、そこが張り出しているだけで顔を大きく見せてしまう原因になります。そもそもエラが張り出す原因は2つあり、1つはもともとの骨格によるもの、もう1つは筋肉が発達してしまい後天的に張り出してしまったものです。ボトックスエラ注射の場合、骨格を形成し直すのには不向きですが、筋肉が発達してしまったエラには効果が非常に出やすく、見た目にも大きく変わったと感じられるでしょう。筋肉が発達しすぎてしまう原因としては、奥歯をギュッと噛みしめる癖がついていることや、寝ている時の歯ぎしりなどが挙げられます。とはいえ一度発達してしまった筋肉はそう簡単には小さくならないので、ボトックスエラ注射によってエラ周辺の筋肉を収縮させることで徐々に小さくしていく方法が効率的といえるでしょう。ボトックスエラ注射を行うと数日で効果が出始めますが、半年〜1年ほどで効果が薄まったり、元の状態に近くなったりすることがあります。しかし、複数回注射を繰り返すことによって元の状態に戻りにくくなることもありますし、場合によっては注射の効果が持続的になるケースもあるのです。注射をするだけなので麻酔なども必要ありませんし、手術跡も残らないため、手軽に挑戦するには最適な整形の一つかもしれません。顔が小さくなる、エラが目立たなくなるといった効果を期待してボトックスエラ注射を行う人は少なくありません。発達して大きくなってしまった咬筋(噛む時に使われる筋肉の一部)を小さくする効果がありますが、その作用を利用して他の整形にも利用されていることをご存知でしょうか。例えば寝ている間に歯をこすり合わせてしまい、顎や歯に深刻なダメージを与えてしまう歯ぎしりにも効果があるといわれています。さらに、噛みしめる力が強いことで引き起こされる顎関節症にも効果的とされているため、小顔になる効果はもちろん、こうした症状を緩和させるために注射を利用する人もいるのです。さらに、ボトックスエラ注射だけでなく、ボトックスを脇に注射することで汗の分泌量が抑えられるため、脇のニオイや汗の量に悩んでいる人にも利用されています。ほかにも、ふくらはぎがふくらんでしまったいわゆるししゃも足にも効果があるといわれ、脚やせに利用している人もいるのです。このようにボトックスエラ注射にはいくつかのメリットがあり、さらにその効能は多岐にわたります。美しくなりたいのはもちろん、健康的に毎日を送りたいと考える人にもぜひおすすめしたいプチ整形の一つといえるのではないでしょうか。